包茎手術はメニューに記載されている金額だけとは限らない

包茎手術を受ける最大のメリットとは?

包茎で悩んでいる男性は多いと言われていますし、包茎手術を希望する方は年々増えている傾向がみられます。
今ではテレビコマーシャルでも放送されるようになっていますし、周りの人に相談しづらい悩みではありますが、多くの方がコンプレックスを解消する方法として包茎手術を選択していますので検討してみる事をお勧めします。

真性包茎やカントン包茎の場合は、痛みがあったり正常に性行為が出来ないということもあるので手術の必要性は高いです。
保険適用となることもありますし、料金的にも保険が適用されればリーズナブルです。
仮性包茎の場合は、見た目やニオイ、早漏などの改善メリットがありますので悩んでいるのであればカウンセリングから始めていく事をお勧めします。

金額の安さだけではなく、アプローチ方法も様々ですし切る方法や切らない方法、また早漏改善の方法もありますし、増大の注射も同時に使えますので相談してみてください。

記載されていない金額も発生することがある?

包茎手術を受けるにあたり、最初に確認しておきたい項目の一つに金額があげられます。
真性包茎やカントン包茎の場合は、泌尿器科によって保険適用でも手術が出来る可能性は高いです。
しかし仕上がりの面では傷跡が目立ってしまったり、あまりきれいではないということもあり得る話ですので要注意です。

保険適用外の包茎手術の場合は、専門クリニックの公式サイト記載されている金額以外にも発生することがあります。
それは高度な技術を用いたそのクリニックの独自の方法であったり、麻酔の種類が違う場合です。
一般的には局部麻酔が使用されますが、痛みに不安な方や手術自体に恐怖心が強い方の場合は、静脈麻酔で眠った状態で手術をしてもらうことも可能です。
その場合はそこに記載されていないかもしれませんが、カウンセリング時には麻酔の説明の中でプラス料金がかかるという説明があるでしょう。

どちらにしても、記載されていなかったとしても説明はありますので安心です。

まとめ

包茎手術を受ける男性は増えている傾向がみられます。
保険適用のカントン包茎や真性包茎のばあいは金額的にも安いですが、仮性包茎や保険適用外の包茎手術ともなればクリニックによって設定されている金額にも違いが出てきます。

安ければ良いというわけではありませんし、その内容なども事前にいろいろなクリニックでカウンセリングを受けて比較検討をすることをお勧めします。
追加される代表的なものには、静脈麻酔などがあげられます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です