包茎手術で追加の金額がかかる場合

包茎手術はどういった時に受けるのか?

まず日本人の7割に及ぶ男性は包茎であるということが前提として話を勧めますが、それで悩んでいて包茎手術を受けたいという方は多いです。
しかし周りの人に相談しづらいという内容であることも関係していますが、一人で悩んでしまっている方が沢山います。

実際にはコンプレックスに感じている方は沢山いますし、一人で悩んでいないでまずは専門クリニックなどで相談することをお勧めします。
真性包茎やカントン包茎など、痛みが生じていたり正常に性交渉が出来ないという場合には出来るだけ早い段階で包茎手術を受ける事をお勧めします。

また包茎は早漏とも実は関係しています。
包皮が常にかぶっていることで、勃起して亀頭部分が露出した際に、刺激が強すぎてすぐに射精してしまうというケースがみられます。
こういった場合も包茎手術をすることで、改善される事も有りますので検討してみると良いでしょう。
様々なアプローチの方法があります。

包茎手術でどんな時に追加料金が発生するか

包茎手術を受ける際には、まず第一に金額が気になるという方が多いのではないでしょうか。
保険適用となる真性包茎やカントン包茎の場合でしたら、泌尿器科で受けることになりますが保険が適用されればリーズナブルな金額です。
しかし仕上がりの点では傷跡が目立ったり、綺麗でなかったりデメリットもあります。

金額をチェックするときには安さ高さだけではなく、内容もチェックしていきましょう。
ちなみに追加料金がかかる場合のケースとして、局部麻酔ではなく静脈麻酔の場合は追加料金が発生する事も有ります。
局部麻酔を使うのが一般的な方法ですが、痛みに大きな恐怖心を持っている方や不安な方は眠っている状態で手術をしてもらうことも可能です。
その際静脈麻酔を使うことになりますので、追加料金が発生するということが多いです。

またそれ以外にも合わせて治療を受けたいということであったり、高度なテクニックが必要な包茎手術の場合は金額にも違いが出てきます。

まとめ

包茎手術を受ける際には、金額が安いところを中心に探していくという方もいるかもしれません。
確かに同じ内容であれば安い方が良いのはあるでしょう。
しかし仕上がりの満足度であったり、高度なテクニックを使うため高い金額に設定されているということもありますので、安ければ良いというわけではありません。

また追加料金は発生することもありますので、事前にカウンセリングできちんと見積もりを出してもらうことをおすすめします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です